« Visual Studio 2008用透過bitmap(32bit)の作成 | トップページ | MicrochipHarmonyでUSB+SDCard+FS »

AfxActivateActCtxでエラー@VS2008

VS6で作成したプロジェクトをやんごとなき理由によりVS2008へ変換したら、

 

sfxstate.cpp下記の部分で落ちた。

 

 

BOOL AFXAPI AfxActivateActCtx(HANDLE hActCtx, ULONG_PTR *lpCookie)

 

{ 

 

 BOOL rc = pfnActivateActCtx != 0 ? pfnActivateActCtx(hActCtx, lpCookie) : FALSE

 

 return rc;

 

}

 

前にも対策したことがあるけど、その都度Google先生に問い合わせるのも気がひけるので

 

対策コードを以下にメモ。
BOOL CHogeApp::InitInstance() 

 

{

 

  CWinApp::InitInstance();

 

  afxAmbientActCtx = FALSE;  //<--このフラグを追加

 

  :

 

}

 

<参考>

 

 

※afxAmbientActCtxはMFC11.0(VS2011)で廃止されたとのこと。互換を気にするときは下記のように変更するとよろし。

  #if (_MFC_VER <= 0x0A00) //MFC 10以下(VS2010)
  afxAmbientActCtx = FALSE;
  #endif

参考

« Visual Studio 2008用透過bitmap(32bit)の作成 | トップページ | MicrochipHarmonyでUSB+SDCard+FS »

VS2008(VC9)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AfxActivateActCtxでエラー@VS2008:

« Visual Studio 2008用透過bitmap(32bit)の作成 | トップページ | MicrochipHarmonyでUSB+SDCard+FS »

カレンダー

  • keisan
無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30