xoops関連

XOOPSの設定とか

XOOPSのURLを設定する項目で、ひとつ悩んだのでそのメモ。

mainfile.php

 define('XOOPS_URL', 'http://localhost/xoops');

こうすると、自サーバでテストしてる分にはいいけど、外部からアクセスするとCSSが読めず当然に問題が大有り。かといって、localhost部分を外部公開URLやIPにすると内部IPからのアクセスが問題に。
対処的には自サーバのhostsを書き換える方法もあるけど、なんか自動でやって欲しいよね、と思っていたら
下記の方法で解決できました。

mainfile.php

 $strSvrName =$_SERVER["SERVER_NAME"];
 define('XOOPS_URL', 'http://'.$strSvrName.'/xoops');

うーん、やっぱり動的ってすばらしい。これならサーバIPが変わっても無敵です。

XOOPSはじめました。

CMSに何を使うか迷ったけど、Apacheで運用実績のあるXOOPSに決定。
XOOPS Cube Legacy 2.1.6aをここからダウンロードしてインストーラでちょちょい・・・・と思ったら、MySQLのDB設定(DB Save)でHTTP 500エラーの嵐。

IISでエラーログを採る設定をして眺めてみると


ModuleName FastCgiModule
Data1 FASTCGI_RESPONSE_ERROR
Data2 PHP Warning: copy(../mainfile.php) [function.copy]: failed to open stream: Permission denied in C:\WebApp\xoops\install\class\mainfilemanager.php on line 52

ErrorCode 5
ErrorCode アクセスが拒否されました。 (0x5)

IIS_IUSRに書き込み権限は与えてあるんだけどなぁと思っていたら、結局FastCGIは匿名ユーザ?(NT AUTHORITY\IUSR)で実行されてるよんと。同じログに記録されてました。

ので、IUSRを追加して、書き込み権限等設定したら、ちゃんとXOOPSのインストーラは仕事をしてくれました。

うーん惜しいのはIISのデフォルト設定でエラーログがONになっていないってことかな。パフォーマンス優先の為?
困ったらエラーログを眺めるというのは、いつの時代でも変わらないものですねw

カレンダー

  • keisan
無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30